diary

past log


2018.10.8 (Mon.)

一日中、呆けながら過ごしつつ、御守の写真を撮ったり画像の整理をしたりと最低限のことはしたつもり。



2018.10.5 (Fri.)

referenceに記事を登録していく関係で、日記の旅行記は基本的に古いものから順番に書いていくことにしていた。
しかしそれだと進み具合がなかなかよろしくないのが現実なのである。書きたい旅行と書きづらい旅行があるわけで。
特に最近は日記の負債がのっぴきならないレヴェルまで悪化しており、とにかくひたすら書くしかない状況となっている。

というわけで、ここしばらくは、僕の「書きたい旅行記」を優先して書かせてもらうことにする。
まず第1弾として、昨年7月の紀伊半島縦断記・十津川突撃編から出していく。これが最初になった理由は簡単で、
十津川村がたいへん素晴らしかったからである。いまだに僕の中にしっかりと余韻が残っている旅行なのだ。
オレが行ってみて良かったからみんなも行って!ということで優先的に書いた。ぜひぜひご覧ください(→2017.7.21)。



2018.10.1 (Mon.)

都民の日で学校はお休みだけどこちとら大会。今日から新人戦の1次リーグがスタートである。
2位に入れば2次リーグに進める。われわれは8人だが、きちんと戦えれば可能性はそれなりにあると読んでいる。

初戦の相手は、なんとこちらと同じ8人なのであった。これは負けるわけにはいかない、と燃えるわれわれ。
11人相手だとつらいのだが、同数であれば勢いづいて戦うことができる。あらゆる局面で優位に立ち、5-0で順当に勝つ。
これが11人相手でも同じ心理状態、同じ運動量で戦えればいいのだが。


diary 2018.9.

index